レンタル着物で憧れの着物デートを実現【小物もセットになっている】

知っておきたい基本の情報

女性

女性用礼装の代表格

普段着として着物を着用する機会は減りましたが、フォーマルな場となると特に女性は今でも着物を着用するケースが多いです。洋装と違ってある程度形式が決まっていて選びやすく、年齢や体型に関係なく着飾れる実用性も着物の魅力です。ただ着物にも種類があって、それぞれ着用する人や、適した場面という物があります。中でも特に格式が高いとされ、既婚女性の礼装として扱われているのが留袖です。家族や友人知人の結婚式や披露宴、改まった宴席やパーティー、さらには公的機関の儀礼などでも着用されます。元々は未婚女性の礼装である振袖の袖を、短く縫い留めたものを留袖と言っていましたが、今では袖の短い着物のうち主に下半分にのみ縁起の良い意匠の絵柄を入れたものを特に留袖と言います。一般的に黒留袖という言葉がよく知られていますが、これはその名の通り地の色が黒い留袖の事で、西洋の黒い礼服の影響を受けて成立したものです。そのため他の色より格式が高いとされ、現代では専ら結婚式などの慶事における家族、親族の既婚女性用の礼装として扱われています。一方で黒以外のものについては色留袖として区別され、幅広い色がそろっています。振袖と比べると大人の女性が着用する着物という事もあり、落ち着いた柔らかい色味が主流です。黒留袖と異なるのは未婚女性が着ても問題ない点で、未婚だけど振袖を着るのには抵抗を感じる、という大人の女性にも人気があります。女性着物の正装で、茶の席などで招待された際に着用する訪問着の代わりに使用するケースもあり、着用できるシーンは多様です。

Copyright© 2018 レンタル着物で憧れの着物デートを実現【小物もセットになっている】 All Rights Reserved.